新しい博物館

0

    3月26日に静岡市に開館したばかりの博物館に遊びに行ってきたのでご紹介します!
    『ふじのくに地球環境史ミュージアム』
    意外にも県営の博物館としては初めて自然・生物を扱った博物館です。

    「地球環境史」とは、地球の成り立ち・自然と人との関係などを考える分野のことです。
    ふじのくに(静岡県)の過去・現在・未来を地質学や生物学などの視点で学ぶことができます。
    展示としては文字情報が少なく、スタッフさまに補足していただくスタイルです。
    過去・現在のことは標本や展示で、未来のことは講座やワークショップで、という風にあの手この手で全身で楽しめますよ。


    さまざまな化石や地質を学べるコーナー。県の形をしたテーブルなので出土位置がわかりやすいです。



    施設名の印象から、こんなに生物の標本が充実しているとは思っていなくて、夢中でひとつひとつみてしまいました。
    ふじのくにの宝である、駿河湾、万歳…!!となりますよ。


    もともと高校だった校舎をリノベーションして博物館になったということで、随所が「学校」モチーフなのも楽しいポイント。甲殻類の標本が机に並べられています。生徒に戻って勉強している気分?それとも給食を食べる気分?笑


    この部屋は生徒が骨!

    斬新な展示もたくさん!入館料おとな300円で軽く数時間は楽しめます。
    ぜひ足を運んで、静岡県をみつめなおしてみてください手


    ふじのくに地球環境史ミュージアム
    〒422-8017 静岡市駿河区大谷5762
    https://www.fujimu100.jp/

    橋詰

    関連する記事
      コメント
      コメントする








         

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM